ブログは「オワコン」ではないその理由

スポンサーリンク

目次

ブログはオワコンとイケハヤさんは言ったけど

かつて「まだ東京で消耗してるの?」

現在は、

「まだ仮想通貨持ってないの?」

というブログを高知の山奥から発信す続けている「イケハヤ」さん。

彼は最近、ブログ・オワコン説を唱えています。

彼は、YouTubeにシフトしつつあるようです。

彼は私の大学学部の後輩のようですが、

でも、本当にブログはオワコンなのでしょうか

と異を唱えたいと思います。

見方はいろいろあって良いと思いますが、

ブログがオワコンで、YouTubeには明るい未来が待っていると、

そんな単純なものではないと思います。

以下に、その理由を述べます。

ブログとYouTube との違い

ブログの強さやメリットから述べましょう。

斜め読み、拾い読み、飛ばし読み、速読ができるため内容を即座に把握でき、要点だけを拾えるというのが最大の魅力です。

Youtubeなどの映像では、そうはいきません。

10分の映像なら10分つきあわねばなりませんが(もちろん飛び飛びに再生することは出来ます)、

ブログなら1分で済みます。

また、ブログはブロガーの考え方やその人なりなどブロガーの全体像がつかみやすいですね。

動画の強さとデメリット

映像でないとわからないもの、映像ならではの説得力のある内容ならば良いですが、

説明を理解するのに時間がかかり過ぎます。

拾い読み的なことができないのです。

たとえば料理ならレシピを見たほうが早いですね。

映像なら3分が限度です。

3分を超える場合は視聴者を飽きさせない演出や映像の編集テクニックが必要です。

しゃべりだけで視聴者を惹きつけるのには相当な話術が必要です。

一目瞭然という言葉がありますが、映像はまさにそれ。

たとえば、バブルリング。

これを文章で説明するのは至難の技です。

バブルリングは海中などで泡がドーナツ状になったもので、ダイバーにはよく知られた現象であり、

ベテランダイバーは口から空気を吐いてバブルリングを作ることが出来ます。

一部のイルカもバブルリングを作ります。

バブルリングがゆっくり青い海の中を浮上していくさまには、なんとも言えぬ美しさがあります。

この説明で、わかりますか?

映像なら一目瞭然です。

でも、説明がないと、なぜこんな現象が起きるのか、なんだかサッパリわかりませんよね。

で、次の説明となります。

バブルリングとは?

ただ海中に空気を放出しても気泡はドーナツ状にはなりません。

気泡は表面張力により表面積が最小になろうとするため、表面積の最も小さい形である「球形」になります。

バブルリングは一定量の空気を瞬間的に上方向に向かって放出することで作ることができますが、

いくつかの条件が揃わねば発生しません。

ダイバーが口から空気を出すと、放出された気泡の中央部と周辺部で速度差が生じます。

その結果、気泡には内側から外側に向かう渦が発生し、同時に気泡は横に広がり始めます。

気泡が口から離れると、浮上する動き、横方向へ広がる動き、そして気泡内の内側から外側に向かう渦流によりドーナツ状になります。

これがバブルリングです。

という説明があれば、なるほど、となります。

この説明でも、なんとなくはわかりますが、よくはわかりませんけどね。

でも、わかったような気がしますね。

海人の深深たる海底に向いてー深海の不思議ー

今では誰でも知っているバブルリングは私が40年ほど前に世界で初めて完成させた。物理ではボルッテックスリング(スモークリング)と呼ばれていたがバブルリングと名付け、世界に情報発信したものだ。欧米の雑誌は小利巧な日本人が面白いこと考えたと評した。今ではイルカやベルーガもやってくれている。

と、こういう人を紹介すると記事に深みというか幅が広がります。

ブログの強さはこれだと思います。

他の人のブログやツイッターやインスタグラムを埋め込んだり、リンクさせたりすることで記事に厚みが出来ますよね。

画像と文章だけでなく、映像と文章も、相互補完で厚みが生まれます。

つまり、ブログにYouTubeを埋め込むと、強いですよね。

また、抽象的概念や考え方、感想などを伝えるには、

ブログが優っていると思います。

一時の勢いはないかもしれないがブログは終わらない

もちろん、どちらにも、長所と短所はあります。

テレビが普及しても本や雑誌がなくならないように、

ブログは存続してゆくと思います。

イケハヤさんのように、

かつてブログですごくおいしい思いをした人にとっては、

当時の勢いが失われた今を衰退したと感じ、

オワコンとおっしゃるのでしょう。

そういう意味ではそうでしょう。

でも、終わりませんよ、ブログは。

ブログの最大の強みは自由度の高さ

ブログが存続する最大の要因は、

その自由さにあると思います。

ある特定の組織が支配している無料ブログは、

規定に反すると突然ブログを丸ごと削除したりします。

が、独自ドメインで運営しているブログは、

犯罪でも行わない限り自由です。

ところが、

YouTubeは、不自由です。

YouTuberは、YouTubeを運営する会社(YouTube,LLC)の胸先三寸で運命が変わります。

たとえば2018年のことです。

YouTubeは、YouTube収益化はYouTuber が、

YouTubeパートナープログラム(YPP)

に沿わねばなりません。

そのための条件が2018年に改定されました。

改定前:

チャンネルの総再生数が1万再生を突破

だった条件が、

改定後:

過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間を超えていること
チャンネル登録者が1,000人以上いること

となりました。

2014年にはインセンティブが半減

こうしてYouTuberは、支配されているのです。

運命を握られているのです。

遡ること4年の2014年。

インセンティブというYouTuberがもらえる広告料は、1回再生されるた­びに約0.1円でしたが、インセンティブが半額の0.05円ほどになりました。

こうして、どんどん条件が一方的に改悪されているのです。

また、YouTubeの運営はYouTube上にある動画を、独自のアルゴリズムによって判別・判定する自動システムと、視聴者からの通報を受ける手動システムにより、日々違法なチャンネルを削除しています。

しかし、本来は違法な動画をチェックし削除する自動システムは、完璧ではありません。

違法性のない動画も怪しみ、チャンネルごと削除してしまうのです。

これでは安心して取り組むことは困難です。

2019年の規制強化が追い打ち

追い討ちをかけたのが2019年1月に発表された規制強化です

・YouTubeのコミュニティガイドラインに準拠しない過激なカスタムサムネイルが規制対象

・YouTubeのコミュニティガイドラインに準拠しないコンテンツの外部リンクが規制対象

・重大な被害を招くおそれのある危険な活動を助長するコンテンツが対象

具体的な禁止行為

* お菓子のような見た目をした洗剤”タイドポッド”を食べるチャレンジ
* 自分の体に燃料を塗りたくって点火するチャレンジ
* 自宅に強盗が入ったドッキリ
* 走行中の車から撃たれるドッキリ
* 子どもに親が亡くなったと嘘をつくドッキリ
* 子どもに親から捨てられたと嘘をつくドッキリ

よくある質問: 危険なチャレンジやいたずらに対するガイドライン変更に関して

YouTube側が名指しで問題視したコンテンツには、海外の事例が多いものの日本のYouTube上で人気の動画や有名YouTuberが投稿した動画も含まれました。

こうした規制強化によって廃業に追い込まれたYouTuberがたくさんいるということです。

世界全体で毎月60億時間の動画が投稿され、毎分100時間の動画が投稿され続けています。

一つの動画が平均2分としたら毎月1800億本の動画が投稿されていて、日本語コンテンツだけで月2億本以上に達するでしょう。

出典/世界のニュース トトメス5世

広告出稿量はそれほど増えていないのに、

YouTubeの動画は増え続けています。

たとえばパイ(広告出稿量)は2倍になっても、

YouTuberが50倍になったらどうなりますか。

パイの奪い合いになって、食べられる人はごくわずかですね。

このように、どんどん条件が悪化する世界に、あなたは飛び込めますか。

ブログにおいても収益の柱であるGoogle AdSenseは同様の問題があります。

Googleが、アルゴリズムをアップデートすることで、そのアオリを受けて、収入が激減するブロガーが毎回出ます。

しかし、

独自ドメインのブログは、支配されません。

突然の削除もありません。

投稿(著作物)は財産です。

突然の削除などたまったものではありません。

中央集権的支配者が存在するYouTubeのようなシステムは、

少なくとも筆者には怖ろしく感じられます。

一方、自由度の高いブログは、形を変えることはあっても、まだまだ発展してゆくと考えています。

YouTubeを否定するつもりはありません。

YouTubeのみに賭けるのは先述したように危険な面があるということです。

ブログとYouTubeは補完的な関係が望ましいと思います。

ブロガーはYouTubeを発信すればブログの欠点を補完できるし、

YouTuberはブログを投稿すればYouTubeの欠点を補え、

伝えたいことをより深く伝えることが出来ますからね。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

\独自ドメイン取得1円〜/

関連記事

目次
閉じる