[ConoHaWing/コノハ]移行に失敗で解約、新サイト契約で速度は?

もか美

レンタルサーバーのConoHaWingが速いと聞いて契約したのですが、うまくいかず解約方法したいのですが、解約方法が分かりません。

そんなあなたのお悩みを解決します。

筆者もサーバーのスピードを上げたくて噂のConohaWingに申し込みました。

幾つかブログを運営しているので、記事数の少ないブログで試して、本当に高速化し問題もなければ他のブログの移行も検討しようと考えていました。

ところが契約後、数日で解約すること。

その理由と解約方法を説明します。

この記事で次のことが分かります。

  • コノハウィングを数日で解約した理由
  • コノハウィングを解約する方法
  • 新規ドメインのサイトを開設したらページ速度は確かに速かった! エックスサーバーとの速度比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

数日でConoHaの解約を決意した理由

まず、2つのブログを試しましたが、どちらも簡単移行ができませんでした。

そこでメールで問い合わせをしました。

それが11月3日でした。

ところが5日になっても返事がないため夜、催促のメールを送りました。

この時点でもう解約を考え始めましたが、もう少し様子を見ることにしました。

すると6日18時30分に返信があり、プラグインのCrayon Syntax Highlighterが原因と言われました。

しかし、それは片方のブログにしかインストールされておらず、そのことには触れられていませんでした。

しかも、そのプラグインを無効にしてもダメ、削除してもダメでした。

そこで再びその旨をメールしましたが、

9日の11時00分現在、返事がないのでキャンセルすることにしました。(追記:12時26分に届きましたがすでに解約手続き済みです)

Conohaの場合、1ヶ月無料などはなく、時間で料金が増えて行きますので、時間がかかればかかるほど支払う額が増えてしまいます。

なかなか返事がないのはそのせいかと勘ぐってしまいたくもなります。

エックスサーバーなら、筆者の経験ではメールすると即日、遅くとも翌日には的確なアドバイスがもらえました。

その安心感は大きいですよね。

もちろん土日にサポートが受けられないことは知っていました。

だからこそ、平日には迅速な対応をしていただきたかったと思います。

比較的新しいレンタルサーバーの会社なので、その点は不安がありましたが、ネット上での評判は良いので半年間ほど様子を見たうえで一部移行を考えました。

残念です。

ConoHaの解約方法

ConoHaの解約方法は分かりづらく、その点も疑問を感じましたが、解説します。

ログインしたら、まずサーバーの削除を行う必要があります。

退会はその後に行わないとできません。

ここではサーバーの削除を行わないでアカウントの削除を行おうとしてつまずいた筆者のような方のためにから説明します。

サーバーの削除は、からです。サーバー削除が済んでいる人はへ飛んでください。

すでにアカウント削除に失敗した人は、から読んでください。

1. ログイン

ConoHa WING にログインします。

conoha-c-001.jpg

2. アカウント設定

右上の自分のアカウントから「アカウント設定」へ進みます。

conoha-c-002.jpg

3. アカウント削除

下方にスクロールし、「ConoHaアカウントを削除する」をクリックします。

conoha-c-003.jpg

4. 「削除」実行

確認のダイアログが現れますので、パスワードを入力し、「削除」ボタンを押します。

5. エラー表示

すると左下に赤字白抜きの文字でエラーが表示されました。

conoha-c-005.jpg

6. サーバー削除

エラーは、サーバーが削除されていないために起きたようです。サーバー削除のため、「サーバー管理」→「契約情報」→「サーバー削除(ゴミ箱アイコン)」と進みます。

conoha-c-006.jpg

7. 成功

うなく行くと左下に「成功しました」と表示が出ます。

conoha-c-007.jpg

8. アカウント設定

サーバーが削除できましたので、再び、アカウントから「アカウント設定」を選びます。

conoha-c-008.jpg

9. アカウント削除

「ConoHaアカウントを削除する」をクリックします。

conoha-c-009.jpg

10. 削除実行

確認画面でパスワードを入力し、「削除」ボタンを押します。

11. 削除予約中

「ConoHaの退会」の箇所が「アカウント削除予約中」に変わっていれば解約成功です。

conoha-c-011.jpg

まとめ

筆者の場合は、ConoHaWingの簡単移行はエラーとなってうまく行きませんでした。

サポートに問い合せしてもなかなか返事が来ず、やっと来て指摘されたことを実行しても改善されず終いでした。

さらに問い合わせるとまた返事が来ず、利用料は日に日に増えて行くので、解約を決めました。

自分でも何度も簡単移行を試しましたが時間のムダでした。

もちろん問題なく移行できる人もいるでしょうし、、それで高速化するならそれで結構なことですが、筆者の場合はダメでした。

ダメでもサポートが迅速に対応してくれれば良いのですが、それも叶いませんでした。

解約の方法も分かりにくいので、上に示した解約方法がお役に立てれば幸いです。

ただ、ConoHaにまったく問題なく移行できる場合のほうが多いかもしれません。

ConoHaは時間払いなので、試して問題がなければそれで良いし、ダメならキャンセルすれば損害は少額で済みますので、試す価値はあると思います。

筆者も損害は390円ほどで済みました。

筆者の場合は移行でしたが、新たに始める場合は問題ありませんので、悪しからず。

[追記]ConoHaWINGはやっぱり速い!

新たなドメインでサイトを作ることになり、再度ConoHa WING のWINGパック(ドメイン永久無料)に申し込んでみました。

今度は移転ではなく新規なので、シンプルで、何の問題もなく(固定電話で行おうとした電話認証がうまくいかずロックされるというハプニングはありましたが)進みました。

その結果、確かに速いですね。

Pagepeed Insightsで計測したら、エックスサーバーではモバイル30〜35、PC70〜80くらいだったのが(アドセンスあり)、ConoHaWINGだとモバイル63〜68、PC90〜92(アドセンスなし)という結果が出ました。

モバイルの表示速度はナント2倍以上に向上!

ただ、どなたかの「最初は速かったがしばらくしたら急激に遅くなった」というブログを見て、その怖れはあり得ると思っています。

その方は、GMOは信頼できないとおっしゃっていましたが、かつてGMOのサーバーで同じ体験、またそれ以上に不快な経験をしたことがある筆者としては、大いにうなずく内容でした。

それゆえGMOグループであるConoHa契約に躊躇していましたが、ネット上でよく目や耳にするConoHaWINGを試してみたくなったのです。

管理パネルも非常に使いやすく、今のところ問題はありません。

\ConoHaWINGを試してみたい方は/

[追記]ConoHaでサイト開設2日後のページ速度計測したら遅くなった?

ConoHaの速度。左はモバイル、右がPC

エックスサーバーX10での同程度の規模のブログを計測したら、モバイル85PC 95に上がりました。以下のことを行った結果です。

  • Googleアドセンスを外した
  • SWELL(テーマ)の高速化設定をすべて外した
エックスサーバーX10の結果。左はモバイル、右はPC

エックスサーバーも決して遅くはないですね。いや、むしろやや上ですね。

目次
閉じる