ドロップシッピング(DS)

ドロップシッピングとは? リスクがないネットビジネスってホント? 儲かるの?

ドロップシッピング(Drop Shipping)とは?

商品の在庫を抱えることなく、

消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事業者(DSP=ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)から

直接顧客に商品を発送する形で運営されているインターネット上のショップ形態です。

ドロップシップとは元々は「産地直送」という意味です。

いくつかのDSPがあり、このDSPサイトに登録し、数多くの商品の中から好きなものを選んで、自分のネットショップで販売します。

商品が売れると本来なら

自分で梱包作業、納品書や請求書などの書類をまとめ、発送手続きが必要ですが、

ドロップシッピングの場合、商品が売れても、自分は何もしなくても良いのです。

ドロップシッピングサイト側が、すべてやってくれます

顧客にはショップ名で商品が送られるため、

広告を掲載して売上げの一部をもらうアフィリエイトとは異なります。

在庫を抱えるリスクなしに気軽に始められるため人気がありますが、

広告表現の問題や情報の公開が不十分な場合もあり、トラブルも発生しています。

メーカーやDSPとの責任の切り分けも曖昧な点も問題が指摘されています。

ドロップシッピングのほうが、アフィリエイトよりも遥かに利益が出せるとも言われています。

メリット

在庫を抱えるリスクがない
発送の手間がない

失敗しても(売れなくても)損害がほとんどない

クレーム対応をしなくて良い

デメリット

商品の種類が限られる

人気商品が他の登録者と競合する

在庫切れの商品を削除し新しい商品を登録する手間がかかる



通常のネットショップとの違い

通常のネットショップでは、商品を仕入れて在庫を抱え、商品が売れたら、発送手続きを行います。

無在庫の場合も、注文を受けたら即、仕入れ、発送をしなければなりません。

一方で、ドロップシッピングは、商品が売れると同時に商品をDSP側が仕入れれ、発送を行います。

ドロップシッピングが、リスクのないネットビジネスといわれるのは、こういった在庫を抱えなくてもよい仕組みゆえです。

先に商品を仕入れる場合、もしも商品が売れなかったときには、仕入れにかかったコストや在庫が赤字になってしまいます。

代表的なDSP

もしもドロップシッピングは、日本で最も大きいドロップシッピングサイト。

40万点以上の商品をラインナップしています。

食料品から美容、家電、日用雑貨まで豊富に揃っています。

初心者でも気軽にネットショップを始めることができるように、

「できすぎくん」や、さまざまなビギナー用コンテンツが用意されている点も魅力です。



ネットショップの作成とその後の運営

ドロップシッピングサイトに登録するだけでは、商品を売ることはできません。

次に、ネットショップを作る必要があります。

「もしもDS」ならば、「できすぎくん」を利用して簡単にショップを構築できます。

しかし、ネットショップさえ作れば終わりではありません。

売れるコンテンツを提供し続けるための、仕組みを作ったり、維持管理が必要です。

商品の人気が落ちてきたり、売り切れとなったときに、

違う商品に差し替えるという作業が結構たいへんです。

集客を行う方法

いかなる形態の店でも同じですが、店を利用してくれる客が来てくれなくては、店は繁盛しません。

実店舗であれば、何の広告を打たなくても近所の人の目に触れて、客として来てくれる場合もあるでしょうが、ネット上は大海のようなもの。

何もせずに、大海の小島に誰が来てくれるでしょうか。

集客には「広告」や「プロモーション」などを行う必要があります。

ただ人を集めるだけではだめで、「買っていただく」ような仕組みも作らねばなりません。

SNSの活用や、SEO対策を行いつつ、効果的なプロモーションを行う必要があります。

リスティング広告はドロップシッピングと相性が良い集客方法だと言われています。

が、広告費がかかりますので、それがリスクとなります。



ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

ドロップシッピングとアフィリエイトは、非常に少ないコストで始めることができるなど、両者ともリスクが極めて低いというのは共通したメリットです。

違いは、お金が入ってくる仕組みです。

アフィエイトは、アフィリエイトサイトから商材を選んで宣伝します。

その商材が購入されたり、契約されたりすると、提携企業から報酬が支払われます。

ドロップシッピングは、商品代金から仕入れや手数料を引かれた金額が、自分の利益となります。

ドロップシッピングのほうが、報酬が大きくなりやすいのはこのためです。

ドロップシッピングの注意点

ドロップシッピングサイトには、数多くの商品が用意されていますが、人気の商品となると、かなり絞られてきます。

他の登録者と、商品が競合することも多くなります。

人気の商品は、他の利用者も自分のネットショップで売るために、品切れになりやすくなります。

思った以上に日々の商品の入れ替えの頻度が多くなります。



広告費用が唯一のリスク

手軽に集客できる可能性が高いリスティング広告やFacebook広告を利用して集客するには、広告費が発生します。

たとえばリスティング広告が1クリック50円だとして、1日10回クリックされたとすると、500円。

1ヶ月なら、月に15000円の広告費がかかることになります。

1日20回クリックされた場合は、月に3万円の負担となります。

クリックした人の多くが購入してくれれば良いですが、

そう簡単にはいかない現実です。

ドロップシッピングのリスクは、唯一ここにあります。

DSは儲かるか

2010年代前半には、ドロップシッピングのサイトを作りさえすれば売れるといった状況にあったと言われていますが、

現在は、そんなに甘くありません。

ただ、儲からないということもなく、

儲かる人は儲かっているということです。

工夫次第でまだまだ稼ぐことのできるネットビジネスだと思われます。

もしもドロップシッピングとは? なぜDSPは「もしも」が良いのか

「もしもドロップシッピング」登録方法を分かりやすく

もしもドロップシッピング – 誰でも無料でネットショップ開業