アドセンス

Googleアドセンス「広告ユニット」の作り方 使用方法

 

Googleアドセンスの審査が通ったら、いよいよ広告の配置です。

まず、アドセンスのサイトで広告ユニットをつくります。

自動広告という手もありますが、広告が多くなり過ぎて、ユーザビリティ(利用者にとっての使いやすさ)を阻害してしまいますので、注意しましょう。

私は、とりあえず自動広告にしておいて、その間に、広告ユニットを作って適当な大きさの広告を最適なカ所に配置するという方法を取りました。

では、広告ユニットの作り方です。

アドセンス広告ユニットの作り方

1.アドセンスのサイトにアクセス

アドセンスにアクセスします。

2,ログイン

右上の「ログイン」をクリックしてアドセンスに申請したアカウントでログインします。

3.左上赤枠内をクリック

左上の赤枠内をクリックします。

4.「広告の設定」をクリック

「広告の設定」をクリックします。

5.「広告ユニット」をクリック

「広告ユニット」をクリックします。

6.種類を選択

作成する広告の種類を選びます。ここでは「テキスト広告とディスプレイ広告」を選びます。

7.名前をつけサイズを選択

次に、名前をつけ、サイズを設定します。

名前

わかりやすい名前を入れます。当サイトはtegetegenote.comですので、たとえばPC用でしたら「tege-300×250-pc」、スマホ用なら「tege-300×250-sp」などと付けます。

私は、スマホはレスポンシブを使い、PCは固定サイズか固定サイズ+レスポンシブなので、pcとかsp(スマートフォンの略)とかは付けていませんが、後のことまで考えると、pcとspを分けておいたほうが良いかもしれません。

広告サイズ

ここでは長方形を選び、「レクタングル大336×280」をクリックします。私の場合、他に300×600、300×250、レスポンシブ、天地280x左右レスポンシブ等を設定しています。

広告タイプ

「テキスト広告とディスプレイ」を選びます。

テキスト広告のスタイル

いじらなくてOKです(デフォルトになります)。



カスタムチャンネル

広告名と同じものを入れておけば、広告名別のクリック数などを知ることができます。

8.「保存してコードを取得」をクリック

「保存してコードを取得」をクリックします。

「閉じる」をクリックします。広告ユニットがリスト表示されます。「コード取得」をクリックすれば、いつでもコードを取得できます。

このコードをコピーして、本文やウィジェット等のテキストに貼り付けます。

有料テーマの「JIN」などには、「広告管理」という機能があって、その欄にGoogleアドセンスで取得したコードを貼り付けます。

あるいは、「AdSense Integration WP QUADS」というプラグインを使って、広告管理を行います。

そうした詳細や「インフィード広告」「記事内広告」については稿を改めます。

 

Amazonで探す楽天市場で探す