アドセンス

マナブログのマナブさんが指摘するGoogle SEOアップデート2019/09の要点と記事内広告の是非

manablogのマナブさんが、9月に行われたGoogle SEOアップデートについて、

ツイートやブロギングをしており、

たいへん参考になりますので、取り上げさせていただきます。

マナブさんのツイート↓

2019年9月に、GoogleのSEOアプデがありました。大切なことは「独自コンテンツに集中する&専門性の高い内容にする&外注の量産記事はNG」あたりだと思います。あと「E-A-T」と「サイテーション」と「高品質な被リンク」も重要そう。Googleの方針は「高品質なネットワーク構築」かなと予想。
ーーマナブログより

 

  • 独自コンテンツに集中
  • 専門性の高い内容
  • 外注の量産記事ではない

これらはことはわかりやすいので説明は不要ですね。

問題は次のE-A-T、サイテーション等。

E-A-T

「E-A-T」をGoogleは、「Expertise, Authoritativeness and Trustworthiness」だと言っています。
つまり、「専門性、権威、信頼性」です。
Googleはこれが「非常に重要であると考えています」。

たとえば、医療関係の記事で医師の監修や医師を取材したものであれば、この「E-A-T」は非常に高く評価されるということです。

サイテーション

サイテーションとは、「サイトへの言及」のこと。たとえば、TwitterなどのSNSで、「このサイトはとても役に立つ」などと言及されることを意味します。多くの人が、サイトを高く評価し言及すれば、Googleの評価も上がります。

高品質な被リンク

特に、権威あるサイトに取り上げられると、Googleの評価はグンと上がります。

記事内広告は入れるべきか削除すべきか

マナブさんは、記事内広告削除宣言をしました。

Googleの公式にも「コンテンツに、主要なコンテンツを妨害したり注意をそらしたりするほどの大量の広告が掲載されていないか?」という文章があり、記事内の広告設置は「主要なコンテンツの妨害かな」と判断しました。

 

確かに、Googleは「コンテンツに、主要なコンテンツを妨害したり注意をそらしたりするほどの大量の広告が掲載されていないか?」と言っていますが、

Google AdSenseのサイトには「増収につながる最適化案」というのが時々表示され、それに従ったり、自動広告にすると記事内広告も増えることになります。

また、AdSenseのサイトで記事内広告が作成出来るようになっています。

矛盾していますよね。

もし矛盾していないとしたら、自動広告で入る広告の本数まではOKとも解釈できるのではないでしょうか。

SEO的には記事内広告を削除したほうが良くても、クリック率は下がると思われますので、

削除するべきか否かは、難しい判断ですね。

ただユーザーの利便性(読みやすさ)という点では、記事内広告は鬱陶しく邪魔であり、入れるべきではないので、

マナブさんの判断は正しいのかもしれません。

マナブログ

afb「まーくんのアフィリエイト学校」がマナブさんにインタビュー

afbの登録はこちら

 

Photo by Rawpixel.com – jp.freepik.com

 

WordPressで稼ぎたい人に!

筆者も利用する高速・高性能安定のおすすめレンタルサーバー

エックスサーバー