もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピングとは? なぜDSPは「もしも」が良いのか

もしもドロップシッピング

ドロップシッピングのサービスプロバイダ(DSP)は、いくつかありますが、

私のおすすめは「もしもドロップシッピング」。

「もしも」はアフィリエイトのサービスプロバイダー(ASP)でもあります。

アフィリエイトで好感を持ったことが、

DSも「もしも」で、というきっかけでした。

日本で最大級のDSP

「もしもDS」は、

好きな商品を選ぶだけで、誰でも無料でネットショップオーナーになれます。

会員数:548,200人

商品数:406,019点

(2019年5月20日現在)。

商品の仕入れ、在庫の管理、商品の梱包・配送、カスタマーサポートなど全て「もしも」が対応。

好きな商品を選ぶだけで、ネットショップをオープンし、バーチャルショップの店のオーナーになれます。



3ステップでネットショップが持てる

3ステップで自分のお店が全て無料で作れます。

ステップ1.会員登録する

メールアドレスを入力後、本登録をします。初期・月額費など一切費用はかかりません。

ステップ2.商品を選ぶ

様々なジャンル40万点以上の商品から売りたい商品を選びます。

ステップ3.ショップを作る

サイト作成ツール(無料)を使い商品を並べてショップを作ります。

在庫管理・梱包・配送・問い合わせは、「もしも」が全て対応。

ショップを作成して商品を販売するだけ!

売れたら、利益分が支払われます。



ドロップシッピングとは

「もしもドロップシッピング」サイトより

『Dropshipping』とは、直訳すると「直送」という意味。

商品が購入されたら、メーカー・卸業者が購入者へ商品を直送をします。

そのため商品が売れても、ショップ・オーナーは何もする必要がありません。

商品が売れたら、「もしも」がメーカ・卸に連絡をして、購入者に配送します!

ドロップシッピングとは? リスクがないネットビジネスってホント? 儲かるの?

「もしも」は、40万点以上の商品を取扱い

商品ジャンルは多数。

フード・ドリンクや、ファッション雑貨、家電、デジモノ、美容・健康グッズ、生活用品、スポーツ・レジャー用品など、全部で40万点以上の商品を取り扱っています。

好きな商品を見つけて、簡単に販売ができます。

ネットショップ作成ツール「ショップできすぎくん」(無料)を使えば、

WEB初心者の方でも簡単に自分のョップを作れます。

合計100ショップを作成でき、ショップ作成に必要な素材も提供されます。



商品の販売方法を無料でサポート

「もしもドロップシッピング」では、ネットショップ運営、販売方法について分かり易く解説をしています。

人気の季節商品が一覧で分かる「販促カレンダー」

ステップごとに実践しながら学べる「あやこのトライ実践ドリル」

など、無料でサポートをしています。

初心者でも安心。

ランクによって利益金の最大20%のボーナス!

売上金額で決まるランクによって最大20%のボーナスが貰える「ショップランクボーナス」キャンペーンを実施中。

期間は2019年12月31日まで。

たとえば、ダイヤモンドランク(月の売上が100万円以上300万円未満)の人が、30万円の利益金を生み出したとすると、ボーナスが3万円加算されます。

利益の計算と支払い方法は?

ショップでの商品売上(税込)から卸値を引いた金額がショップオーナーの利益となります。

利益は毎月末日に締め、翌々月の末日に指定の金融機関に支払われます。

振込手数料は「もしも」が負担。

支払い条件は?

ショップの利益は毎月末日に締め、翌々月の末日(末日が土日祝日に当たる場合は前日)に指定の金融機関(銀行口座)にお支払われます。

振込先金融機関の登録は登録情報設定の画面から行えます。

注文を受けた後の対応は?

受注処理から出荷処理まで「もしも」が代行するので、作業の必要はありません。

返品されたらどうなる?

返品の対応は「もしも」が行いますので、オーナーには費用やリスクはかかりません。

なお返品分につきましては利益金は支払われません。

 

もしもドロップシッピング

 

「もしもドロップシッピング」登録方法を分かりやすく説明

もしもドロップシッピング – 誰でも無料でネットショップ開業

 

「もしもドロップシッピング」のショップの作り方・出品方法を解説もしもドロップシッピングの出品方法 1.サイトにアクセスして「ショップを作る」をクリック もしもドロップシッピングにアクセスして「シ...
「もしもドロップシッピング」登録方法を分かりやすく説明もしもドロップシッピング登録方法 1.「会員登録する(無料)」ボタンをクリック 「もしもドロップシッピング」のサイトにアクセスし、「...
もしもドロップシッピング「ショップできすぎくん」商品グループ設定の手順・方法商品数が多いと、商品グループに分けたほうが、ユーザーがお目当ての商品を探しやすくなります。 もしもDSの「ショップできすぎくん」に...
「もしもドロップシッピング」のショップをワードプレスで作ってみましたショップを作ってみました。 ショップと言っても「もしもドロップシッピング」を使っています。 ワードプレス+JIN(テーマ)で...