NFTマーケットプレイス「OpenSea」でデジタルNFTを売買しよう!

by Jon Tyson/unsplash

2021年はNFTアートが大変注目されましたが、今後ますますその動きは強まっていくでしょう。

今のうちにNFTデジタルアートを少額でも購入しておくことは、今現在の投資としてももちろんですが、将来的な資産形成に発展してゆくと思われますので、おすすめです。

そこで世界最大規模のNFT専用マーケットプレイスであるOpenSeaのアカウント作成方法について説明します。

目次

OpenSeaとは?

by Quino Al/unsplash

OpenSeaは、2017年にサービスを開始し、2021年7月時点で月間取引数が約250億円、その翌8月には流通総額が約3,650億円を達成し、前月比で10倍超の伸びを見せるなど急成長を遂げているNFT専用マーケットプレイスです。

NFTは現在オーディオ、ビデオ、画像にも使われており、OpenSeaではデジタルアート作品、コレクターズアイテム、ゲームアイテム、イベントチケットの作成と販売が行われています。

アーティストは、自分の作品が市場で価値があるかどうかを試すことができます。

一方、買い手は、作品が気に入ったり、投資の可能性を感じたり、アーティストを応援したいという理由でNFT製品を購入することができます。

OpenSeaには次のようなさまざまなカテゴリーがあります。

  • アート:Beeple、FEWOCiOUS、Trevor Jonesは、OpenSeaのプラットフォームを介して作品を販売しました。これは、デジタルアーティストのための最初のNFTマーケットプレイスの一つでした。
  • 音楽 : The Weeknd、Richie Hawtin、RACなどがエクスクルーシブなNFTをリリースしています。
  • ドメイン名 :Unstoppable Domains、Ethereum Name Service(ENS)のような検閲に強いブロックチェーン・ドメイン デセントラルランドネームをNFTとして購入することができます。
  • バーチャルワールド: NFTs Decentraland, サンドボックスArcona などが挙げられます。
  • トレーディングカード:このカテゴリにはソラーレ、Gods Unchained、$MEMEが含まれています。
  • 収集品:クリプトキティーズ クリプトプンクハッシュマース。全ての分野を網羅しています。
  • スポーツ :最近では、ロブ・グロンコウスキー(Rob Gronkowski)との独占的なパートナーシップにより、彼は自身のNFTコレクションをリリースした最初のアスリートの一人となりました。OpenSea社によると 将来的にはもっと多くのアスリートを将来的にはもっと多くのアスリートをターゲットにして、この種のパートナーシップを結ぶかもしれないと述べています。

これらのNFTトークンは、交換可能なリワードや会員制のNFTとして機能しますが、将来的にはさらに多くの用途が開発されるでしょう。

OpenSeaの大きな特徴は以下の4点。

  • NFTを誰もが簡単に売買できる。
  • 出品は無料だが手数料はわずか2.5%
  • アカウント登録から取引までの流れがシンプルで、使いやすい。
  • 「ロイヤリティ」や「販売方式」(「Set Price(固定価格)」、「Highest Bid(オークション)」、「Bundle(グループ販売)」の3種類)を設定することができる。

OpenSeaを利用するための準備から

OpenSeaを利用するには、MetaMaskの登録とイーサリアムの準備が必要になります。

そこで次の流れにそって解説していきます。

OpenSeaでのNFT売買までの【大まかな流れ】

  1. MetaMaskアカウントを作成
    1-1. GoogleChromeをインストール
    1-2.MetaMaskを作成
  2. Open Seaアカウントを作成
    2-1 Open Seaアカウントを作成
    2-1 Open Sea の設定
  3. 売買
NFTとは?

「NFT」はNon Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略称で、「非代替性トークン」とも呼ばれます。暗号資産(仮想通貨)と同様ブロックチェーン上で発行および取引され、バンクシーや村上隆など著名アーティストのデジタル作品やゲームアイテムなどが、「代替不可能な唯一無二」の価値を持っていることの証明付きで売買されます。売買の際はETHを主とした暗号資産で決済されます。

1.MetaMaskアカウントを作成

1-1. GoogleChromeをインストール

まず、事前にPCにGoogle Chromeブラウザを下記リンクからインストールしてください。

Google Chrome

1-2.MetaMaskを作成

STEP
Google Chromeをインストール

次にMetaMaskをChromeの機能拡張に組み込みますので、下記にアクセスしてください。

MetaMask

STEP
「Chromeに追加」を押す
STEP
「新機能を追加」を押す
STEP
「はじめる」を押す
STEP
「ウォレットの作成」を押す
STEP
「同意します」を押す
STEP
「作成」を押す
STEP
「シードフレーズ」のバックアップして「次へ」(とりあえずどこかにコピペしておきます)
STEP
「シードフレーズ」を順番どおおりに押し、「確認ボタン」を押す

以上で完了です。

Account1の下に表示される0x——が、あなたのウォレットのアドレスです。

最近、FireFoxにも組み込むことができるようになりましたので、FirFoを使い方は下記からADD-ONSしてください。

FireFoxのMetaMask

2.Open Seaアカウントを作成

2-1. Open Seaアカウントを作成

STEP
MetaMaskを拡張機能で追加したブラウザで、下記のページにアクセス
STEP
右上の人物シルエットのアイコンを押す
STEP
キツネのイラスト下の「Sign In」ボタンを押す
STEP
自分のウォレットのチェックを確認して「次へ」
STEP
「接続」を押す

2-2. Open Seaの設定

STEP
右側の歯車(設定)アイコンを押す
STEP
「署名」を押す
STEP
「UserName」と「Email Address」を入力し、「Save」を押す

3.OpenSeaでのNFTの売買

NFTを購入するためには暗号資産(仮想通貨)のEthereum(ETH)が必要です。

もし自分で暗号資産取引所でETHを持っているならMetaMaskウォレットにETHを移してください。

暗号資産取引所のアカウントを持っていない人は友人・知人にあなたのアドレスにETHを送ってもらうか、暗号資産取引所のアカウントを開設する必要があります。

たとえば取引所のbitbank、またはフォビジャパンにアカウントを開設します。

OpenSeaでのNFTの買い方

1.OpenSeaにアクセスし、マーケットプレイスで一覧の中からお気にいりを探すか、フィルター機能を使って自分が探したいNFTを見つけます。

2.気に入ったNFTを見つけたら押します。

3.カーソルを置くと作品の下に現れる「Buy now」を押します。

4.「Check Out」を押します。

5.「MetaMask」が起動するので「確認」をクリック

注意:MetaMaskからETHを送金するときは「ガス代」と称される手数料が別途発生します。

OpenSeaでのNFTの出品方法

  1. NFTを準備する
  2. NFTを選択する
  3. NFTの出品条件を設定する
  4. 出品する
STEP
NFTを準備する

NFTはOpenSeaならば誰もが簡単に出品できます。再販売も可能です。

STEP
NFTを選択する

右上の赤い丸を押し、「Profile」を押します。NFTがすでにある場合はその中から選びます。ない場合は、「No items to display」と表示されます。

STEP
NFTの出品条件を設定する

「Select your sell method」では下記の中から1つを選びます。

「Set Price」は価格を設定する方法、「Highest Bid」はオークション形式で販売する方法、「Bundle」はまとめ売りをする方法です。

STEP
出品する

ここでは「Set Price」の場合を説明します。

暗号資産と、その金額を設定します。

画面右の「Post your Listing」を押すと、MetaMaskが起動しますので、「確認」を押すと、1度OpenSeaの画面に切り替わったあと、再度MetaMaskが起動されるので、再び「確認」を押します。

すると自動で出品手続きがはじまり、MetaMaskが3度目の起動をするので「署名」をクリックします。

以上で完了です。

OpenSeaに出品する時の注意点

OpenSeaに出品する時の注意点です。

  • OpenSeaは出品時に2.5%の手数料がかる。
  • 値下げはできるが値上げはできない。
  • ETHの「ガス代」がかかる。

まとめ

2021年はNFTアートが大変注目されましたが、今後ますますその動きは強まっていくでしょう。

今のうちにNFTデジタルアートを少額でも購入しておくことは、今現在の投資としてももちろんですが、将来的な資産形成に発展してゆくと思われますので、今からOpenSeaに慣れておくのはおすすめです。

というわけで、世界最大規模のNFT専用マーケットプレイスであるOpenSeaのアカウント作成方法について説明しました。

\OpenSeaやHEXAでNFTを販売

暗号資産の取引所に口座開設なら>>bitbank、またはフォビジャパン

髪の悩みならヘアケア専科>>>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる