ネット関連

[決済サービス]今登録するとオトクな決済サービス「スクエア(Square)」を導入「キャッシュレス・消費者還元事業」はチャンス

筆者は最初、PayPal Hereというカード読み取り式カード決済を導入しました。

しかし、PayPal Hereが廃止になってしまいました。

そこで別のシステムを探したところ浮かび上がって来たのが、

Squareでした。

今なら、本来7,980円のカード・リーダーが無料でもらえます。

ネットビジネス等をやっている人は、この機会にぜひ登録することをおすすめします。

Square(スクエア)にアクセスし、「今すぐ無料のアカウントを作成」をクリックしましょう。

決済端末も、決済手数料も、無料で始めるキャッシュレス

今登録するとオトクな決済サービス「スクエア(Square)」。

決済端末、決済手数料無料キャンペーン中です。

決済端末も、決済手数料も、無料で始めるキャッシュレス。

Squareの決済端末はユニークでスタイリッシュ、

そして使い心地が圧倒的に優れています。

スクエアのメリット

アカウント作成無料
月額固定費なし
振込手数料なし
解約手数料なし
最短申込当日から利用可能
PCI – DSSに準拠

導入費の安さ、入金の早さ、簡単な申し込み、簡単な使い方

導入費が安い

Square Readerは7,980円(税込)。対応するモバイル端末をお持ちであれば専用端末や専用回線は不要。もちろん、アプリは無料です。今なら期間限定でSquare Readerが実質0円でゲットできるチャンス。詳しくはこちらから

入金が早い

カード決済の売り上げ額は最短翌営業日に入金されるので、キャッシュフローを気にせず、日々の業務に集中できます。面倒な手続きは不要、ご指定の口座に自動でお振込み。

手数料 3.25%〜

決済手数料は、業種や規模に関わらず一律。個人事業主や中小企業、新規事業にも導入しやすい価格設定です。カード会社と個別の契約も必要ありません。

他費用なし

月額固定費や解約手数料など、決済額に対する手数料以外の費用は一切かかりません。毎回の入金に際しての振込手数料もSquareが負担します。

簡単に使える

Square Readerはモバイル端末とBluetoothで接続します。アプリは直感的に操作でき、デジタル機器が苦手な人でもかんたんに使うことができます。

数分で申し込み

登録は数分で完了。必要情報をすべて入力すれば自動的に審査が開始され、結果は数営業日でご登録のメールアドレスへ。すべてオンラインで完結します。

導入は簡単!登録はウェブやアプリから数分で完結

登録は→ Square(スクエア)

最短、当日から決済開始も

最短で当日から決済開始、翌日には売上が振り込まれるので、スピーディな経営が出来ます。

誰でも使える料金体系

Squareの決済手数料は最安水準。

登録料、月額利用料、振込手数料、解約料はありません。

Square Reader

無料のアカウントを作成し、スマホやタブレットをSquare Readerに接続するだけで、準備万端。

10日に申し込んで13日には発送され、14日には届きました。

処理が早くて好感持てました。

ICカードも磁気カードも読み取ります。

Square Stand

あなたのビジネスにとっても、お客さまにとっても使いやすい、POSレジの決定版です。使い慣れたiPadで決済の受け付けから商品管理、タイムカードの打刻まで出来ます。

 

料金体系

Squareの料金体系はとてもシンプル。決済手数料以外の費用は一切かからず、事業規模や実績による手数料の違いもありません。

3.25%3.95%
Visa、Mastercard、American Express、Discover、Diners ClubJCB

 

「キャッシュレス・消費者還元事業」

2019年10月1日に消費税率が10%に引き上げられます。

キャッシュレスが普及することで、事業者の生産性が向上し、また買い物をする消費者の利便性向上にもなるという観点で、消費税率引き上げのあと、日本に居住する消費者を対象としたキャッシュレス決済サービスに対して、一定の期間実施される事業です。

具体的には、中小・小規模事業者におけるキャッシュレス手段を使った決済に関して、決済端末導入費や、決済手数料の一部および、消費者への還元分を国が補助し、キャッシュレスの推進を支援する事業です。

Squareを経由して「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加することで、

「Square Readerの無料提供」

「決済手数料の負担減」

「お客さまへの5%ポイント還元」

をSquareがサポート。

ビジネスに関する詳しい情報を入力することで、

Squareを通して簡単に本事業への参加申請ができます。