トップセラー

ネットショップの商品数を簡単に増やせる専門の仕入れサイト「トップセラー」を登録・設定する

仕入れサイトTopSellerのメリット・デメリット

ネットショップを運営している人、これから始めたいと考えている人にとって、

まず関門となるのは仕入先。

ショプを始めたくても売る商品がなければ話になりません。

自分のオリジナルの出品物があっても、出品数が少ないとアクセス数が増えません。

つまり、売り上げが増えません。

しかし、仕入先を探し、契約をするのは大変です。

取引条件も厳しいものです。

大量に買い取れば良い条件で仕入れられますが、在庫を抱えることとなり、

売れ残って大赤字というリスクを背負うことになります。

その悩みを解決するのが、ネットショップ専門の商品仕入れサイト。

その中でも数十万点以上の商品から好きな物を選んで販売できる

TopSeller(トップセラー)というシステムを紹介します。

商品は顧客に直接送られるため、在庫リスクも梱包の手間も不要で、商品を簡単に増やすことができます。

しかも、初期費用は無料

月額利用料やオプション利用料はかかります

その支払いは、現在のところクレジットカード(一部デビットカード可)のみです。

送料はストア側で自由に設定出来ますが、トップセラーからは請求されます。

トップセラーから請求される送料は、

・1出荷につき690円(税抜)

出荷が複数になる注文の場合は、1商品につき690円(税抜)の送料となります。

ただし、沖縄・離島地域への配送は、

倉庫出荷商品は1,500円(税抜)、直送商品は3,000円(税抜)

沖縄・離島地域の定義は、原則として、佐川急便が定める「中継業務を必要とする地域」と同様となります。

利益率は、商品によって異なりますが、15%〜40%くらいです。

メリット

・初期費用無料
・数十万点以上の商品から仕入れたい商品を簡単に選べる
・楽天、Yahoo!ショッピング、MakeShp、カラーミーショップと連携出来る
・無在庫販売が出来る(在庫を抱えるリスクがない)
・送料が安め(690円+税)
・CSVを使い大量のデータを一括ダウンロード、読み込みが出来る
・受発注の管理がラク

デメリット

・月間使用料がかかる
・顧客対応は自分でしなければならない(当たり前ですが、ドロップシッピングは顧客対応がないので)
・送料(690円➕税)が請求される
・毎日商品データ更新作業が必要

では、トップセラーで仕入れをする手順を説明します。



トップセラー登録の方法

まずはトップセラーに登録しましょう。

メールアドレスさえあれば簡単です。

1.TopSellerのサイトにアクセス

トップセラーにアクセスし、「無料で会員登録する」をクリック

2.メールアドレスを入れて「確認メールを送信」

メルアドを入力し、「確認メールを送信」ボタンをクリックします。

3.メールを探しURLをクリック

TopSellerからのオートメール「仮登録完了のご案内」を探し、URLをクリックします。

4.ストアIDとパスワード

任意のストアIDとパスワードを入力し、「次へ進む」ボタンをクリックします。

5.必要事項を入力

郵便番号、住所、電話番号、
販売サイト有無などの必須入力項目に入力し、「次へ進む」ボタンをクリックします。不備、不正のないよう注意しましょう。

6.確認画面

確認画面に遷移しますので、内容を確認し、問題がなければ最下段の「利用規約に同意して登録する」ボタンをクリックします。

7.本登録完了メールを確認

本登録確認メールが届きますので、内容を確認しましょう。

以上でトップセラーの登録は完了です。

トップセラー

次は、ログインして、プラン等を選択します。

各プランの違い

TopSeller登録完了後、以下のプランからいずれか一つを申し込む必要があります。

全商品コース

全商品コースには、・ミニマム・スタンダード・プレミアム・プレミアム+特別配送プランの4つがあります。

「全商品コース」のプランにおいては、取扱可能な商品および商品数が異なります。(「ミニマム」が一番少なく、「プレミアム+特別配送プラン」が一番多くの商品を取り扱うことが出来ます。)

全商品コースでは、あらかじめプランごとに取り扱い出来る商品が決まっています。

TopSellerの全商品から好きな商品を選択して取り扱うことはできません。

セレクトコース

セレクトプランはお試しプランの他に、出品できる商品点数によって6つのコースがあります。

・おためしプラン:最大70フォルダ使用(商品画像50フォルダ、縦長画像20フォルダ)

300点セレクトプラン:最大70フォルダ使用(商品画像50フォルダ、縦長画像20フォルダ)

1000点セレクトプラン:最大70フォルダ使用(商品画像50フォルダ、縦長画像20フォルダ)

3000点セレクトプラン:最大70フォルダ使用(商品画像50フォルダ、縦長画像20フォルダ)

5000点セレクトプラン:最大70フォルダ使用(商品画像50フォルダ、縦長画像20フォルダ)
10000点セレクトプラン:最大125フォルダ使用(商品画像75フォルダ、縦長画像50フォルダ)
20000点セレクトプラン:最大125フォルダ使用(商品画像75フォルダ、縦長画像50フォルダ)

「セレクトコース」のプランにおいては、TopSeller全商品から、プランの上限数まで自由に商品を選べます。

※オプションのYahoo!パックは全商品コースでのみ登録出来ます。
※オプションのカラーミーショップパックはセレクトコースでのみ登録出来ます。



販売ストアの選定

TopSellerが対応しているサービスは、

Makeshop、楽天市場、Yahoo!ショッピング、カラーミーショップ

また、自身でデータを加工することにより、

その他のショッピングモールやショッピングカートを利用して、

TopSeller商品を自由に販売することができます。

ただし、1つのアカウントで楽天市場、Yahoo!ショッピングで販売できるサイト数はそれぞれ3サイトが上限です。

4サイト以上販売したい場合はTopSellerアカウントを追加登録する必要があります。

なお、ヤフオク!やメルカリは無在庫販売を禁止していますので、TopSeller商品の出品は出来ません。

販売URLの登録

ネットショップのURLが決定したら、必ずTopSellerに販売URLを登録しましょう。

登録せずTopSeller商品の販売はできません。

特定商取引法に基づく表記と返品に関する表記について

ネットショップを運営する際には、「特定商取引法に基づく表記」と「返品に関する表記」をサイト上に掲載する必要があります。

特定商取引法に基づく表記には、自身の情報を掲載する必要があります。

顧客対応

顧客対応はストア側で行います。メールや電話の連絡先をネットショップに掲載する等、顧客対応ができる体制をつくる必要があります。

また、遅延・欠品・送料追加など、お客様に伝えるべきことがある場合、トップセラーからストア側に連絡が入りますので、ストアから顧客へ連絡することになります。

ドロップシッピングは顧客対応をもしもドロップシッピングなどの会社にしてもらえますので、その点が大きな違いとなります。

解約後の発注可能金額の返金

TopSellerに前入金した発注可能金額は、解約日もしくは注文商品がすべて出荷された日いずれか遅い日の、翌月15日に返金されます。

返金はTopSellerに登録した銀行口座への振込みで、振込手数料216円はストア側の負担となります。

また、未払いの月額利用料が残っている場合は、発注可能金額から未払金を差し引いた金額のみ、返金となります。



ネットショップ運営について

商品データの更新

TopSellerで提供される商品データは日々更新されています。

商品データについては1日1回を目安に更新することになります。

在庫情報については1日複数回の更新となります。

個人情報の保護

顧客(商品購入者/質問者)の個人情報はストアの責任で保護しなければなりません。

万が一、ストアの故意や過失等で個人情報を流出させてしまった場合、責任の所在はストアにあります。

商品データの取扱

ストアが利用できる商品データは、その時点で契約しているプランで提供されているデータのみとなります。

下位プランへ変更(例:プレミアムプランからスタンダードへ変更)した場合に生じる提供商品データの差異分は、

ストア自身の責任において破棄、または削除等、使用不能の措置を取る必要があります。

また、商品データはTopSellerでの商品発注を前提とした販売において利用が可能です。

TopSellerの商品データを利用し、TopSellerを経由しない形で商品販売を行うことは利用規約に抵触します。

ショッピングモール等の規約遵守

ストアが利用するショッピングモールまたはショッピングカートの運営会社が定める規約(禁止行為、禁止商品等)を遵守する必要があります。

規約違反を行った場合、責任の所在はストアにあります。

各種法令の遵守

ページ上での表記、集客、商品名や商品説明文等の加工・修正にあたっては関連諸法令を遵守しなくてはなりません。

特に医薬品医療機器等法(旧薬事法)、景品表示法、商標権侵害、著作権侵害、肖像権侵害、特定電子メール法に関してはネットショップで違反となりやすいものですので注意が必要です。

各種法令に違反する表記や行為を行った場合、責任の所在はストアにあります。



売れた商品はどのように発注するか

掲載した商品が売れたら、各モール等での管理画面より、売れた商品の注文データをダウンロードします。

そのデータをTopSeller管理画面の「商品発注」にアップロードすることでストア様の商品発注作業が完了します。

■Web発注

>>【運営マニュアル】「WEB発注」を利用して商品を発注をする

※Web発注は管理画面に注文情報を直接入力する発注方法です。

楽天パック

>>【運営マニュアル】RMSから受注CSVファイルを取得する

>>【運営マニュアル】受注CSVファイルを利用してTopSellerへ発注する

■Yaooo!パック

>>【運営マニュアル】ストアクリエイターProから受注CSVファイルを取得する

>>【運営マニュアル】受注CSVファイルを利用してTopSellerへ発注する

■MakeShopパック

>>【運営マニュアル】管理画面から受注CSVファイルを取得する

>>【運営マニュアル】受注CSVファイルを利用してTopSellerへ発注する

商品はどこで売っても良いか

商品販売先モール等の利用規約に反しない限り、どこの売り場でも販売することができます。

ただし、必ず販売先URLをTopSellerに登録する必要があります。

ヤフオク、メルカリは利用規約で無在庫販売が禁止されておりますので、出品は出来ません。

顧客対応は誰がするのか

ストア様のネットショップを見た顧客(商品購入者/質問者)対応は、ストア側で行います。

メールやお電話での顧客対応ができる体制が整っていない場合、TopSellerを利用してのストア運営はできません。

ネットショップはどうやって作るのか

TopSellerの商品を売るには、自身でネットショップを用意する必要があります。

楽天市場Yahoo!ショッピング等のECモールや、MakeShopカラーミーショップなどのショップ作成サービスに登録をして、ネットショップを用意します。

顧客からの入金の流れ

購入者が支払ったストアの売上代金は、支払方法が「代引決済」か否かで回収フローが基本的に異なります。

代引決済の場合

購入者が商品お届け時に支払った代金は配送業者を経由し、一旦トップセラーが回収致します。
トップセラーは月末締め(回収日基準)でストアに回収した代引売上金額を翌月15日(土日祝日の場合は翌営業日払い)に、TopSellerに登録しているストアの銀行口座宛に振り込まれます。

代引決済以外の場合

購入者が決済した代金は、カード会社や決済業者を通して、出店中のモールや利用中のサービスからストアに入金されます。そのため、トップセラーが間に入って代金回収を行うことはありません。

TopSeller

 

WordPressで稼ぎたい人に!

筆者も利用する高速・高性能安定のおすすめレンタルサーバー

エックスサーバー