サーバー

レンタルサーバ歴22年、私はこうして最善のサーバーに出合った!

良いWeb Hosting(レンタルサーバー)探して試して20年

サーバ選びには20年以上ずっと悩んで来ました。 私が初めてWeb Hosting Serviceのサーバーをレンタルしたのは1996年でした。

小さな会社を経営していて、そのホームページとネット通販をするためでした。

自前のサーバも考えましたが、費用とメンテナンスを考慮すると無理だと判断し、レンタルにしました。

当時、記憶が確かではありませんが、月に5万円くらいしたように思います。 それが今では月に数百円で借りられるのですから、嬉しい限りです。

あの頃、今や大企業に成長した楽天から創業に当たっての出店のお誘いをメールでいただいたことはよく覚えています。

最初に契約したサーバーは、IIJのものでした。

日本におけるISP(インターネット・サービス・プロバイダ)魁でした。 現在、私はIIJのSIMでiPhoneを使用しています。

次に、利用したサーバはトランズ・パシフィックのものだったと思います。 IIJは高いので、安くて質の良いサーバを探した結果だったと思います。

この会社は間もなく、バリューコマース(Valuecommerce)と名を変えました。

そう、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の魁です。

当時、ニュージーランド人が日本で創業して間もないベンチャー企業でした。

まだ小さかったので、電話で社長と話をした記憶があります。

その後は、GMOだったと思います。

ひどく動作が重くなって、GMOに問い合わせたりしてたんですが、FTPで内部をチェックしたら、見知らぬフォルダがあって、ナント、エロサイトのフォルダが入っていました。

侵入されて勝手に使われていたわけです。

この時は、セキュリティの大切さを思い知りました。

これをきっかけにGMOのサーバは解約しました。

以来、GMOと聞くとイヤな感じがするんですが、今やGMOグループの力は絶大。後で紹介するムームードメインやロリポップ! も同グループの一員で、私はそこを利用しているんですから、複雑な気持ちです。

その後、何年に1回か引っ越して、2007年、出合ったのがBIndServer。

サーバーとして選んだのではなくて、Websiteを作るためでした。

Macには、そのための良いアプリケーションが無くて、やっと誕生した! と思ったのが、Webオーサリング・ツールであるBiND for WebLiFEであり、そのアプリと連繋させるために適したサーバがBindServerだったのです。

当初は、創業者で開発者の平野友康さんの情熱が伝わって来て、好感も持てました。

当時は、Webデザイナーでなくても、サイトの見栄えが簡単に作れることも魅力でした。

ところが何年か前、平野さんが経営からはずれてハワイかどこかへ行ってしまったと記憶していますが、そのあたりからこの会社は悪化したように思います。

クラウドになってから動作がやたら重くなり、ストレスが増えました。

メールが届かなかったり転送がなされなかったり、メールのアカウントを変更出来なかったり、それを伝えても頓珍漢な返答しかなかったり。

いつの間にかサーバも重くなり、サクサクいかなくなっていました。

それに何よりもサポートの返信が遅いのです。

今年の10月、契約継続のカード決済が、カードの期限切れで出来ないという通知をもらい、それがサーバ移転のきっかけになりました。

その案内をもらった当初は、それでも継続するつもりでしたが、継続をめぐっても不手際があり、移転を決意しました。

こうして振返ってみると、Bindには、10年以上お世話になったことになります。

カラーミーショップとの出合いが発端だった

サーバ移転には、たいへんな労力が必要になりますので、そうおいそれとは引っ越せません。

だからこそ、出来うる限りの良いサーバ探しが必要だと言えます。

10月に移転を決意し、いろいろ調べ、引っ越し先に選んだのは、「カラーミーショップ」でした。 この選択は実に正解でした。

サーバは軽くてサクサクいくし、操作もしやすいし、会員制、メルマガ、クーポン、注文が来てからのメール対応等すべてが整っています。

導入店舗数ナンバーワンの実績というのも頷けます。

サービスそのものもすばらしいのですが、何よりもサポート体制がしっかりしていることがおすすめの理由です。

最初は、誰でも分からないことがたくさん出て来るものです。

ネットやコンピュータのことって、何時間も悪戦苦闘することでも、聞けば簡単に解決したりするものです。

問題はそうした質問に対し、快く答えてくれるかどうかです。

ValueServerなどは、チャットで何度も質問したら、断られましたからね。

同じGMOグループでも、随分と違うものです。

カラーミーショップは、質問に対し嫌がらず、迅速に対応してくれます。

30日間無料で始められるので、安心です。 私は導入後間もなく契約を決めましたが、まずはエコノミーで十分です。

いろいろブログはやったけどJUGEMは使いやすかった

このカラーミーに、ショップブログとの連繋がありました。 その連携先は、JUGEM(じゅげむ)です。

ここでJUGEMを知りました。

JUGEMは無料と有料(JUGEMプラス:月に324円)があります。

無料は勝手に広告が入って来ます。

有料の場合は、広告なしで、自分で広告を入れられます。

無料で試し、すぐ有料コースを申し込みました。

ここから、私達のブログが再スタートしました。

再スタートというのは、初めてではないからです。

ブログに初めて取り組んだのは、8年前でした。

妻は、楽天ブログ。私はFC2やGoogleのブロガー、Ameba等をやりましたが、会社の宣伝や書きたいことを書くだけで、いつの間にか途絶えてしまう感じでした。

JUGEMで始めたのは遠回りとも言えますが、必要な回り道だったとも思います。 というのは、JUGEMで書くことで、これなら続けられるという思ったからです。 使いやすかったんですね。

ムームードメインとロリポップの連繋はGOOD!

JUGEMのブログや、カラーミーショップを独自ドメインのサブドメインにしようとした時、連繋しやすい先がムームードメインでした。 ムームードメインは設定が非常に分かりやすくて好感を持ちました。

会社の通販以外のサイトを10月中にBindから移転させねばならず、移転先として浮かんで来たのがロリポップ!(Lolipop!)でした。

高速なWordPressが月額500円でというスタンダードプランを申し込むことにしました。

お試し期間は10日間です。 ムームードメインとの連繋(紐づけ)が簡単に設定出来るます。

この「簡単に」というのは非常に重要だと私は思っています。

20年以上もWeb Hosting Serverを借りて来ましたが、私はサーバ運営のプロではありません。

コンピュータの言語に精通するのではなく、ホームページやネット通販の運営をいかにスムーズに行うことが出来るか、それが重要なんです。

20年以上もの間、どれだけの時間をサーバー設定や移転に費やして来たことか。

人生は、そんなことのためにあるのではありません(そうしたことが仕事や趣味の人は別です)。

人生はあっという間に過ぎ去ります。

ブロガーならブロガーとしやるべきことに注力すべきで、外のことは省けるだけ省いたほうが良いと私は思っています。

会社のホームページをLollipopに移転したら何の問題もなく快適でした。

こうなると、このTegeTegeNoteも、Lollipopのサーバに移したくなります。

移転の方法を調べてみると、WordPressに移転する方法が幾つか目に入って来ました。

アフィリエイトのブログをやるなら断然WordPressだというのが、ネット上では常識であるようです。

そこでWordPressにすることにしました。 その点、Lollipopはバッチリ。 WordPressが簡単にインストール出来るのです。

JUGEMブログからWordPressに移転

このブログ「てげてげノート」は、JUGEM時代にムームードメインで独自ドメインを取得していたので、Lollipopに移転してからの設定は簡単でした。

あっという間でした。 問題はWordpressです。

実はWordPressも、10年くらい前(?)からしばらく利用したことがありました。

しかし仕事が忙しくて、Theme(テーマ)と呼ばれるテンプレートそのままで使っていました。

決して見栄えの良いブログとは言えませんでした。

少しでも会社の宣伝になれば、と思ってやっていました。

使いこなせるか心配でしたが、調べてみると、テーマや、プラグインが充実していて、今度は何とかなりそうな気がしました。

移転の詳細は長くなりますのでここでは簡単に述べますと、JUGEMのデータをエクスポート(ダウンロード)して、tmlのパスを書き換え、WPにインポートするためにMovable Type and TypePadというプラグインでアップロードしました。

JUGEMは画像が1点ずつしかエクスポート(ダウンロド)出来ないので、フリーソフトGetHTMLWを使って一斉にダウンロードしました(他の記事にも書きましたが、私は林檎派にもかかわらず、こういう時はWinを使わざるを得ないのが残念)。

そして多くのテーマの中から、幾つか選び、インストールして表示し、最終的には「Bootstrap Blog」に決め、さらに有料の「Bootstrap Blog Pro」にアップグレードしました。

$50.0だったと思います。 必要と思われるプラグインを次々とインストールしていったら、いつの間にか50種類以上になってしまいましたが、結局削ぎ落として25種類に落ち着きました。

かなり思い通りのデザインになり、気に入ったものが出来上がったのですが、いろいろなWPのブログを探索しているうちに、「JIN」を見つけました。

これは凄い! と思いました。デザインセンスが良く、多くの機能を持ちながら、サイト使用数に制限がないんです。

先のBootstrap Blog Proは、1つのサイトにしか使えません。

単純計算ではBootstrapは$50.0で、JINは14,800円なので、3サイトに使えばJINのほうが安いことになりますが、1サイトのみの運営でも、十分その価値はあると思います。

最初からこのテーマにしていれば、プラグインもかなり少なくて済んだと思います。

必要な機能はほとんど備えていますので、プラグインは数個で済んでしまうのではないでしょうか。

テーマを瞬時に読みこむ「Customizer Export/Import」とサムネイルを調える「Regenerate Thumbnails」と、後はどうしても加えたいプラグインが数個あれば十分でしょう。 JIN推奨プラグインです。

高速化プラグイン

* EWWW Image Optimizer * Autoptimize * BJ Lazy Load

便利プラグイン

* AddQuicktag * Table of Contents Plus * Contact form 7 * Rinker * Post Types Order * Search Regex

なかなか最初から有料のテーマというのはハードルが高いと思いますが(実際私も無料から始めました)、良いものは無料ではあり得ません。

結局、テーマを変えるたびに手間もかかるわけで、それなら最初から本当に気に入るベストなテーマを選ぶべきです。

その点JINは、初心者にこそおすすめしたいテーマです。

後から知ったのですが、オープンケージのテーマも良いですね。

有名なブロガー、アフィリエイターが使っているようです。

WordPressテーマ「ストーク」とか良さそうです。

JIN14,800円に対し、STORK10,800円で、安いですしね。

WordPressテーマ「アルバトロス」はさらに安価の7,980円でカッコいいWPのブログが作れそうです。

ロリポップサーバのメリットとデメリット

サーバからWPのテーマに話がそれてしまいましたので、戻しましょう。

私は、4つのサイトをすべてLollipopに移転し、運営しています。

では、Lollipopサーバのメリットとは何でしょうか。

メリット

  1. 質が良いのに安い
  2. 幾つものサイトを運営出来る
  3. WordPressが簡単にインストール出来る
  4. 無料の独自SSLがある(ひとつの独自ドメインに対して、サブドメインも含め100件のSSLを設定可)
  5. ウェブアプリケーションのやり取りにおける不正侵入、サイト改ざんを防ぐWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)が無料
  6. ロリポップFTPが使いやすい
  7. ムームードメインとの連繋が簡単(紐づけが容易)
  8. 各種設定がわかりやすい

メリットを上げたからには、デメリットも挙げねばなりません。

デメリット

サーバの安定性に不安あり

でも、デメリットで思い当たるのは今のところ、これくらい。

もうひとつ心配があるとすれば表示スピード。以前より随分改善されたようなので期待したいところです。

11月1日に申し込んで10日間の無料期間を経て、1ヶ月以上が経過しましたが、確かに1回サーバ落ちがありました。

復旧に丸一晩かかりました。

あらためて調べてみると、ブロガー、アフィリエイターに評判が良いのはロリポップもそうですが、エックスサーバー(X-Server)が目立ちます。

ロリポップの2倍以上の料金ですが、安定性や速度に定評があるようです。

追記:後日、Xserverに移してみましたが、GooglePageSpeedの速度はロリポップ!(PHP7.1モジュール)で40近かった同じデータが、29〜31と出ました。これは私の場合、XserverでW3 Total Cacheが使えなくなったせいもありますが、Xserverのほうが断然速いとネット上で言われるほどの差ではありません(かつてそうだったのかもしれませんが)。むしろロリポップ!(PHP7.1モジュール)のほうが優秀かもしれません。

同じくX-ServerのWP運用に特化したサーバwpXが良いようですが、私はどちらも利用したことがありませんので検証は出来ません。

が、料金は高くても高性能を求めるのならば、X-Serverがよいかもしれません。

ロリポップのサーバー落ちの時は、サイトは無事でしたが、間違いを訂正したくても出来ない、投稿も出来ないということで少し不便を感じました。

しかし、それ以外に問題はなく、満足しています。

独自SSLについては当初、設定したつもりだったのですが、先日、GoogleAdsenseのサイトでSSLを設定しましょうという案内が出て、「あれっ? 有料のSSLじゃなきゃダメなのかな」と思って調べたら、設定が不完全でした。

最後に

ブロガー、アフィリエイターになりたいのなら、そのことが大事で、ドメインやらサーバーの設定やらは、極力「省エネ」であるべきだというのが私の考えです。

ブロガーはプログラマーやエンジニアである必要はありません。

ブロガーの仕事に注力すべきです。

かつて私は必要に迫られて仕方なく、HTMLやらLINUXやらネット関連のさまざまなことを学びました。

しかし、それらは人生の貴重な時間の浪費だったと思っています(専門家やそれが好きな趣味人は別です)。

その点、今は恵まれています。必要な設定も簡単に出来ます。簡単設定、それがムームードメインロリポップ!を私がおすすめする理由です。

WP(ワードプレス)も、自分のイメージに近いサイトを専門的な知識がなくても簡単に作ることが可能な優れたソフトエアです。私が思い描いた理想に近いものです。

特にオールインワン的な有料のテーマ選びは大事です。JINやSTORK等の優れた有料テーマを利用することで、「省エネ」し、ブロガーとしてやるべきことに専念出来ます。

そんなすばらしいWPを独自ドメインで導入する際も、ムームードメインとロリポップは力強い味方になってくれるはずです。 (夫)

キャッチイラスト:Designed by Freepik

 

今エックスサーバーがオトクなキャンペーン実施中! サーバーもドメインも