プラグイン

【ワードプレス入門-27】超簡単! SEOに影響を与えずパーマリンクをプラグインで設定変更する方法

 

パーマリンクの正しい設定は、初めて記事を投稿するよりも前に行わねばなりません。

私の失敗経験からの結論です。

でも、実際はそうとは知らずに、早く記事数を増やさねばと、記事を次々と書いて投稿してしまうものです。

そして後で気が付きます。

パーマリンクは大事だ! なぜ最初にちゃんと設定しなかったのか

と。

今からパーマリンクを変えたら損だということもわかってきます。

でも、変更しないのも損だということもわかってきます。

このシリーズでも、もっと早く取り上げなくてはいけなかったことです。(._.)

では、パーマリンクを変更して、かつ、損失のない方法はないのでしょうか?

それが、あったんです!

今回はその方法について説明します。

%e3%83%97%e3%83%a9%e…じゃ、わけわからん!

ワードプレスにおけるパーマリンクとは、恒久的なリンクのことで、記事のURLを意味します。

ワードプレスでブログを作り始めた頃、一応パーマリンクの設定は、「基本」の

https://「xxxxx.com/?p=123

だったのですが、これでは内容がわかりません。

日付とタイトルが入ったほうが良いと考え、

https://xxxxx.com/2019/03/19/sample-post/

に変更しました。

しかし、「sample-post」に日本語の「タイトル」が自動で入ってしまい、そのままにしていたので、いろいろ不都合が出て来たので、英数字にすべて変更しました。

どちらも最初の頃だったので、外部からのリンク切れ等のデメリットは犠牲にしました。

不都合と言ったのは、具体的には次のようなことです。

コンピュータの言語は基本が英数字なので、極力、英数字を使うべきで、日本語を使うと訳のわからない記号に化けたりします。

たとえば、

https://xxxx.com/privacy-policy/

「privacy-policy」を「プライバシーポリシー」とすると、下のように文字化けを起こします。

https://xxxx.com/%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%bc/

Googleは、「サイトのURL構造は、できるだけシンプルで論理的かつ人が理解できる方法」にすることを推奨していますので、もっとシンプルにしたほうが良い、

つまり年月日は不要で、変更したい

と思い続けていたのですが、デメリットを考えるとできませんでした。

デメリットとは何でしょうか。

パーマリンクを変更した場合のデメリット

・外部からのリンクが無効になってしまう
・内部リンクが切れてしまう
・検索サイトでのリンクが切れてしまう

せっかく他のサイトやブログが張ってくれたリンクが無意味になってしまいます。

回遊率を高める内部リンクが切れてしまうので再設定が必要となります。

Google等の検索エンジンに表示されたリンクが切れてしまい、集客にとって非常にマイナスです。

こうした理由でその後のパーマリンクの変更は諦めていたのですが、やはり変えたい。変えるなら少しでも早いほうが良い。ひょっとして何か良い方法があるのでは?

パーマリンクを変更してもリダイレクトで処理すれば良いのはわかっていましたが、

記事ごとのリダイレクトでは手間がかかり過ぎます。

いろいろ調べてみると、見つかりました。

Permalink Redirect」というプラグインを使えば、記事すべてを新たなパーマリンクにリダイレクトできるのです。

これで、外部リンク、内部リンク、検索エンジンのリンク切れ問題は解決します。

では、「Permalink Redirect」のインストールから始めましょう。

「Permalink Redirect」をダウンロード

「Permalink Redirect」の公式サイトにアクスします。

https://scott.yang.id.au/pages/permalink-redirect.html

どちらかをダウンロードします。

phpの書き換え

phpファイルをFTPでサーバーに送る方法もありますが、ここではZIPをダウンロードします。

ZIPを解凍して、phpを開き、406行目(検索で探してもよい)の302→301に書き換えます。

なぜ301に書き換えるかというと、302は「一時的な転送」であり、301は「恒久的な転送」だからです。

また、301であれば検索エンジンが転送前のURLが持っていた被リンクの評価を引き継ぐことができるためSEO対策上も必須です。

ただ、100%引き継がれるわけではなく、ある程度のアクセスの減少、引き継ぎの時差があると言われています。

インストールと有効化

ZIPに戻し、「プラグイン新規追加」

「プラグインのアップロード」→「ファイルを選択」

「今すぐインストール」

「プラグインを有効化」

「Permalink Redirect」の設定方法

「設定」→「Permalink Redirect」へ進み、設定します。

「Old Permalink Structures:」右欄の右下にある今までのパーマリンクをクリックすると、空欄にそのパーマリンクが入りますので、それを確認して下の「Update Options」をクリックします。

「パーマリンク設定」を変更する

「設定」→「パーマリンク設定」と進みます。

「投稿名」を選び、「変更を保存」ボタンをクリックします。

パーマリンク(URL)が変更されていることを確認します。

最後にパーマリンクの尻尾部分は、

カテゴリーのスラッグもそうですが、パーマリンクには必ず英数字を使うこと。

タイトルのキーワードを英数字で、しかもできるだけ具体的に記入すること。

英語でもローマ字でも構わないが、自分がわかりやすいほうで。

以上です。

▽Permalink Redirectの解説という点で重複してしまいましたが、参考にしてください。

[ワードプレス入門-39]SEOに影響を与えずパーマリンク変更が出来るプラグインPermalink Redirect設定