プラグイン

50種以上インストールして絞り込んだワードプレス厳選プラグイン25選

これだけインスールすれば十分過ぎるプラグイン25

2016年時点で45,000以上を数えたWPのプラグイン。その中から自分に必要なものを探すのは至難の技。

また、競争で淘汰されて行きますから、今は良くてもしばらくしたら他の競合プラグインのほうが良くなっているかもしれません。

あなたのサイトの環境によって、あるいはプラグインの組み合わせによっても善し悪しが変わって来るので、何とも言えません。

しかし、ネットで評判を検索して、ついついインストールしてしまいがち。

私の場合も気がつけば50種以上、もしかすると100種近くをインストールしてしまいました。

現時点で少なくとも私にとって無くてはならないプラグインを絞り込んだのが下記の25種です。

AddQuicktag

ボタンを自分の好みに変える。HTML エディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理。Simple Custom CSSとの連繋で飾り見出しを作成

 

AddToAny Share Buttons 

AddToAny のユニバーサル共有ボタン、Facebook、Twitter、Google+、Pinterest、WhatsApp などを含むページのシェアボタン

 

AdSense Integration WP QUADS

IGoogle AdSenseや他の広告のフォーマットを自動的にサイトに組み込む

 

Akismet Anti-Spam 

ブログをスパムから保護

 

 

Amazon Associates Link Builder

Amazonのカタログで商品を検索し、リアルタイムの価格と在庫情報にアクセスし、Amazon.comの商品への投稿に簡単にリンクを作成することができます。

 

Autoptimize

JS、CSS、HTML、画像、Googleフォントなどサイトのパフォーマンスを最適化

 

 

Bottom of every post

各投稿の下部にコンテンツを追加

 

 

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの移動

 

 

Compress JPEG & PNG images

サイトをスピードアップ。 TinyPNGでJPEGとPNG画像を自動的に最適化

 

Contact Form 7

問い合わせフォーム作成。シンプルで柔軟

 

 

Duplicate Post

投稿やページを複製

 

 

Google XML Sitemaps

Google、Bing、Yahooなどの検索エンジンによる最適なインデックス作成のために、サイトマップを使用してSEOを向上

 

 

Movable Type・TypePad

Movable Type もしくは TypePad から投稿とコメントをインポート。移転の時使用しました。

 

Recent Posts Widget With Thumbnails

サイドバーに最新の投稿がリンクされたタイトルとサムネイルのリストを表示

 

Simple Author Box

投稿にソーシャルアイコン付きの著者プロフィールボックスを追加

 

 

Simple Custom CSS

WordPress サイトにカスタム CSS を追加する、簡単で安定した方法。私は見出しの飾りを付加するために使用

 

TinyMCE Advanced

WordPress ビジュアルエディター TinyMCE の高度な機能とプラグインを有効化。書体を選んだり文字の大きさを変えたりが簡単に

 

UpdraftPlus – Backup/Restore

バックアップと復元。自動スケジュールで、ローカルでバックアップを取るか、Amazon S3、Dropbox、Googleドライブ、Rackspace、(S)FTP、WebDAV&emailにバックアップ

 

WordPress Popular Posts

人気投稿をサイト上に表示するカスタマイズ豊富なウィジェット

 

 

人気記事は、WordPress Popular Posts で作成

 

WordPress Related Posts

関連する投稿をコンテンツのフッターに追加することで、読者の投稿への関与をすばやく増やす

 

WP Multibyte Patch

 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化

 

WP ULike

いいねボタン

 

 

WP-Optimize

データーベースのクリーンアップを簡単かつ安全に、マニュアルクエリーなしに実行

 

WPアソシエイトポストR2

アフィリエイトかんたん導入プラグイン。「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」「Yahoo!ショッピング(バリューコマースアフィリエイト)」に対応。

 

Widget Logic(ウィジェットのロジック)

WordPress の is_home 条件分岐タグでウィジェットをコントロール。ウィジェットの広告をスマホでは非表示等に使用

 

サーバとドメイン管理会社はどこが良い?

因みに私が利用しているサーバは、ロリポップ! です。

今まで、さまざまなサーバを利用して来ましたが、このロリポップ! が使いやすくて私は一番好きです。

質問にも早く答えてくれますしね。

レンタルサーバは1996年、IIJが最初でした。次に、Valuecommerceの前身、ニュージーラン人が経営するトランズパシフィック有限会社のサーバをでした。

その後はもう覚えきれないですね。

最近までBindServer。当初は良かったんですが、経営者が変わってから悪化しましたが、ついつい長く利用してしまいました。

ASAHI Net、ValueServer、お名前.com等のサーバも利用させてもらいました。

安く、しかも使いやすくて、カスタマーサービスも良いサーバが、あることを最近知りました。

それがロリポップ!です。

ムームードメインとの組み合わせが、最高です。

ロリポップ! とムームードメインは連繋しているため簡単に設定が出来るんです。

ドメインも他からすべてムームーに移転しました。

新たにムームードメインでドメインの取得もしました。

サーバって一度、利用してしまうと、なかなか変えられません。

それに使ってみないと、善し悪しがわかりません。

随分と回り道をしたものです。

時間の経過とともに、良かったところも悪化したりしますので、その時は素早く移転すべきですが、移転はなかなかたいへんな作業。

ロリポップ! とムームードメインのおかげで、速やかに移転出来ました。

そのおかげで、WordPressへの移行も出来ました。

ロリポップ! なら簡単にWPをインストールし、設定出来ますからね。

一度、間違ってWPを上書きインストールしてしまい、真っ青になりましたが、ロリポップ! だったおかげで、復元出来ました。

サーバと移転のことは、書くと長くなりますので、別の機会に…。

追記:テーマを新しいいのに変更し、Plugiinは一旦減ったのですが、結局その後増えて、また25種類に落ち着きました。