[NFTアート]著名なアート作品のオーナーになって資産に!

Photo by Viktor Forgacs on Unsplash

今、NFTアートの世界が熱い!

2023年には、その市場規模は国内で2兆円を超え、世界では約17兆円にも上るという予想もあります。

著名アーティストの作品の共同オーナーになる喜びもあれば、若手の無名アーティストの将来性に賭けて買うとか、資産として保有するなど目的はいろいろでも夢があることは確かです。

これからますます白熱しそうな、そのNFTアートについて解説します。

目次

NFTとは何か?

NFTとは、ビットコインの基幹技術として発明されたブロックチェーン(分散型台帳)から生まれたトークンで、Non Fungible Tokenの頭文字です。

代替不可能なトークン」と呼ばれます。

ブロックチェーンでは、トークンの所有者や取引履歴などがネット上に存在する台帳に記録されます。

この機能を使って通貨以外のトークンに応用し、複製可能だったデータに「唯一無二性」を付加し、保証を可能にしたのがNFTです。

NFTの特徴として挙げられるのは次の3つ。

  1. 誰もが発行できる
  2. デジタルコンテンツに発行者の権利や利益を明確に確保できる
  3. プラットフォームに縛られずWEB上の取引が可能に

NFTアートとは?

Photo by Executium on Unsplash

デジタルアートはこれまでコピーが容易だったが、NFTによって個々の作品に証明書が与えられることになりました。

「唯一無二性」が付与されることにより、アーティストやクリエイターが元来所有する作品の著作権や版権などの利益が守られるようになったのです。

作品やデータにNFTの証明書を付与することを「Mint(ミント)する」と言いますが、Mintとは、元々は硬貨を鋳造するという意味です。

2021年はNFT市場が飛躍!

2021年3月にあの「クリスティーズ」のオークションでビープル(Beeple)のでNFTデジタルアートが約75億円で落札されました。

NFTアートが老舗のオークションハウスで扱われたことの意味は大でした。

クレジットカードの国際ブランドの1つであるVISAが、人気の高いCryptoPunkシリーズのNFTアートを1,600万円(49.5ETH)で購入したこともNFT市場を騒がせ、活性化させました。

また、2021年には、12歳の少女ナイラ・ヘイズさんのNFTコレクションが一気に値上がりし、たった数時間で約1億8000万円を稼ぎ出した出来事があり注目を浴びました。

幼い頃から絵を描くことが好きで4歳の頃からコツコツと作品を描き続けてきたナイラ・ヘイズさん。

彼女は、女性に内在する美しさや強さをテーマに創作活動を続けていますが、米TIME誌のNFT向けプラットフォーム「TIMEPieces」で、初めてコレクションを発売したアーティストとしても知られています。

NFTアートの歴史

Photo by Shubham Dhage on Unsplash

NFTの歴史は2014年から始まったと言われています。

アーティストのケヴィン・マッコイ氏がNFTアートの原型とも言うべき作品を発表したことが始まりでした。

その後、ブロックチェーンに精通した人々のコミュニティを中心に発展し、当初はCryptoart(暗号芸術)と呼ばれました。

NFTのアーティストたち

では現実に、どよのようなアーティストの作品がNFT市場に参入しているのでしょうか。

海外の著名アーティスト

  • バンクシー
  • ダミアン・ハースト
  • アンディ・ウォーホル
  • ダニエル・アーシャム

日本人の著名アーティスト

  • 村上隆
  • 森洋史
  • 天野タケル

NFTアートの売買はどう行う?

では、NFTアートがほしい場合、どうすれば良いか。

NFTアートは、世界のさまざまなマーケットプレイスで売買されていますが、

簡単に言うとどこのマーケットプレイスでも大体は次の手順になります。

  1. 国内の暗号資産取引所を開設 たとえば>>bitbankフォビジャパン
  2. 取引所に日本円を送金して暗号資産ETH(イーサリアム)を購入
  3. MetaMask(ウォレット)をChromeかFirefoxに取り込む
  4. 取引所からETHをMetaMaskに送金
  5. NFTマーケットプレイスでNFTアートを購入

では、NFTアートを売る場合はどうでしょうか。

  1. マーケットプレイスに登録(審査がある場合も)
  2. 作品を「ミント(NFTを発行)」する
  3. 販売方式を決める(定価かオークションかなど)

\NFT売買方法の詳細は/

\暗号資産取引所の口座開設なら/

NFTアートをどこで買うか

最大規模でおすすめのNFTマーケットプレイスには、OpenSeaがありますが、海外の企業なので不安な方には、ANDARTがおすすめ。

バンクシー、パブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキア、ダミアンハースト、草間彌生、奈良美智、など国内外の著名アーティストの作品のオーナーになれます。

ANDARTの特徴は簡単に言うと次の7点。

  1. Andartは、1万円で著名アーティストのアートのオーナーになれる。
  2. プロの目利きが厳選した作品を保管場所を気にせず保管
  3. 資産性の高いアートをデジタル上でコレクション
  4. 購入したオーナー権はオンラインで売買可能
  5. バンクシーをはじめ、資産性の高い作品を多く扱っている。
  6. オーナー限定のプレミアムイベントなどの優待も複数用意されている。
  7. 無料会員登録すると、最新のトレンドやオークション情報が受け取れる。

ANDARTの創業者は、松園詩織さんんという女性。

彼女はANDARTを起業した理由をこう述べる。

「アートにお金を投じるという体験をより多くの人に対して開かれたものにしたいという思いからでした。たとえ少額であってもお金を投じることで作品との関係性が深まり、アートそのものについて積極的に学ぶきっかけづくりにもつながると考えました」(Marketing Native 2021.11.11より)

彼女が起こした会社ANDARTは、2019年のローンチ以来、会員数は1万5千人を超え、作品取扱数は40作品(2022年1月13日現在)。

2021年9月には、ユナイテッド、GMOインターネットなどを引受先に第三者割当増資および日本政策金融公庫などからの融資で2億8千万円の資金調達に成功しました。

「これまでは一部の富裕層の中だけで循環していた価値ある作品を、みんなでシェアできるようになるかもしれない。いわば『アートの民主化』。それを実現するのが目標です」(松園詩織ANDART CEO)

\ANDARTをもっと知りたい人は↓/

まとめ

今、NFTアートの世界が熱い!

2023年には、その市場規模は国内で2兆円を超え、世界では約17兆円にも上るという予想されています。

著名アーティストの作品の共同オーナーになる喜びもあれば、若手の無名アーティストの将来性に賭けて買うとか、資産として保有するなど目的はいろいろでも夢があることは確かです。

これからますます白熱しそうな、そのNFTアートについて解説しました。

NFTアートの売買でおすすめのマーケットプレイスは、海外の企業OpenSea

日本国内の企業で、著名アートを1口1万円からでオーナーになれるおすすめはANDART

\OpenSeaやHEXAでNFTを販売/

暗号資産の取引所に口座開設なら>>bitbank、またはフォビジャパン

髪の悩みならヘアケア専科>>>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる